先輩社員の声

A.N.

法学部 法律学科卒
プロパティマネジメント推進部 平成25年入社

多くを任せてもらえる環境で、
誰からも信頼されるビル担当を目指す。

N先輩の 1日の仕事
9:00 出社 出社後、まずはメールチェックをし、1日のスケジュールを確認します。
9:30 週例ミーティング 週に一度、チーム全体のミーティングを行います。全員で情報を共有する非常に重要な場です。週によっては勉強会も併せて実施し、各部員のスキルアップを図ります。
12:00 昼食 職場近隣で昼食をとります。稼働状況の確認を兼ねて、担当ビルの飲食店舗で食べることもあります。昼食は上司や先輩方と仕事以外の話を楽しむ時間でもあります。
13:30 担当ビル定例ミーティング 管理委託会社および工事業者と打ち合わせ。ビルの新たな不具合箇所への対応策を協議し、施工中の工事の進捗状況も確認します。
14:30 書類の確認および作成 各協力会社から上がってきた報告書類の内容を精査し、収支報告と併せてビルオーナー向けの報告・提案資料としてまとめます。
17:20 帰社 1日の業務を振返って作業漏れが無いことと、翌日のスケジュールを確認してから退社。自分から上司や先輩に声をかけ、飲みに連れて行ってもらうこともあります。
  • 第一ビルディングに入社を決めた理由は?

    私の就職活動のテーマは“信頼”でした。自分にとって、心からの喜びや生きがいは何かと考えた結果、それは人々からの信頼だと気づいたからです。不動産の資産管理を担うプロパティマネジメント業界は、建てて売って終わりではなく、信頼で結びついた取引先と長くお付き合いできる点が魅力でした。

    中でも第一ビルディングは日本全国に300棟以上のビルを管理し、65年以上の実績を持つリーディングカンパニーです。長きにわたり、さまざまな地域で信頼を勝ち取ってきた会社で一番信頼される人間を目指したいと考え、入社を決めました。

  • 現在担当している仕事の内容は?

    東京都内にある5棟のオフィスビルを担当しています。テナント誘致やそのための市場調査、契約手続きといった営業業務から、故障対応、工事手配などの設備管理、テナントからの要望への対応、物件の収支管理まで、業務内容は多岐にわたります。

    オーナー、テナント、関係協力会社など、多くのステークホルダーと関わりながら、こうした業務を行っています。

  • 仕事の面白さ、やりがいとは?

    幅広い業務を任せていただけることです。資産価値が何十億円にもおよぶオフィスビルの管理全般を若いうちから一人で担当できるのは、大きなやりがいです。自分なりに工夫できる余地が多いのも面白いと感じています。例えば、私は市場調査を仲介業者へのヒアリングで終えるのではなく、独自に担当ビル周辺エリアの賃料水準や空室率の最新動向を調べ、時には他のビルに足を運んでテナント誘致につながる生きた情報を入手するように心がけています。

    また、幅広い業務を遂行するには、たくさんの知識とスキルが必要になりますが、私は常に新しいことを学べる点も、この仕事の魅力だと感じています。

  • これまでの仕事で印象に残っていることは?

    私がビルの担当者になってから、新たに入居されたテナントの方に「Nさんのおかげで快適に過ごせています」と言っていただけたことです。

    入念な事前準備を重ねても、実際に入居すると思わぬ不都合や不明点も出てきます。不慣れだった当初は、寄せられた質問や要望に戸惑うこともありました。それでも、一つひとつにすばやく、誠実に対応し続けることが信頼につながると信じて取り組んでいましたので、お礼の言葉は本当に励みになりました。

  • 第一ビルディングで働いて良かったと思う点は?

    ビル管理全般を一人で担当できること、常に新しいことを学べる点以外では、社内の雰囲気がとても良いことですね。面接などでお会いした方々が親切だったことも入社理由の一つですが、いざ就業してみると、働きやすさは予想以上です。とてもアットホームで、先輩方に何でも質問できる風通しの良さがあります。

    また、若手社員が新たなチャレンジを志願したときに、積極的に任せていただける社風も私にとっては理想的です。

  • 将来の目標・展望は?

    今はまだ、多くの方々のサポートを受けながら業務にあたっていますが、目標は「君になら任せられる」「ぜひ君に任せたい」とオーナー、テナント、関係協力会社、そして社内からも言ってもらえる、つまり誰からも信頼されるビル担当になることです。

    入社当初から、直属の上司が次々と周囲の信頼を勝ち取る様子を目の当たりにしてきました。相手の要望に対して、即座に対応して、しかも期待以上の提案で応えられれば自分も信頼を築けるんだと思い、上司を模範にしています。

  • 就職活動中の方に何かメッセージを。

    多くの業界・企業を回って見ていくと、最終的に自分にはここしかないと思える企業が必ず見つかります。学生から社会人になる、この活動を1ミリの後悔も残さないように、本気になって、ほかの誰にも負けない気持ちで臨んでください。